ファーウェイ製スマホ新機種 発売延期 KDDIとソフトバンク

ファーウェイ製スマホ新機種 発売延期 KDDIとソフトバンク
k10011924761_201905221508_201905221531.mp4
中国の通信機器大手「ファーウェイ」製のスマートフォンの新機種についてKDDIとソフトバンク、それに格安スマホの楽天モバイルなどが相次いで発売の延期を決めました。米中の貿易摩擦の影響でファーウェイ製品が安定的に供給できるか確認が必要なためとしています。
発売延期が相次いで決まったのはファーウェイ製のスマートフォンの新機種「P30シリーズ」です。

KDDIは、「au」ブランドで今月下旬から、ソフトバンクの第2ブランドの「ワイモバイル」、KDDIのグループ会社が手がける「UQモバイル」、それに楽天モバイルは24日から発売を予定していました。各社は、すでに開始していた予約の受け付けも停止するということです。

また、NTTドコモはファーウェイのスマホの新機種について今月16日から始めていた予約の受け付けを停止することを決めました。
発売については現時点では、ことし夏からとしている予定に変更はないとしています。

ファーウェイをめぐっては、アメリカのトランプ政権による規制の影響で半導体などの調達が難しくなる可能性が指摘されているほか、スマホに使われているグーグルの基本ソフト「アンドロイド」などについても新製品への提供が停止される可能性が指摘されています。

このため発売の延期などを決めた各社は端末の安定供給や利用に影響がないか確認が必要だとしています。

ファーウェイは、21日、日本でのスマホの発売を計画どおり続けると発表していましたが一転して携帯会社側が影響を懸念した形です。

一方、ファーウェイは家電量販店などを通じて販売するスマホについては、予定どおり発売したいとしています。

格安スマホは対応分かれる

ファーウェイの新機種「P30シリーズ」について、格安スマホ各社のうち、KDDIのグループ会社が手がけるUQモバイルと楽天モバイルなどが発売の延期を決めました。

一方で、「mineo」を展開する「オプテージ」や「IIJmio」を展開する「インターネットイニシアティブ」などは、現時点では予定どおり、24日からネット通販サイトなどで販売を開始するとしています。

SIMフリーは予定どおり販売 大手家電量販店

大手家電量販店のヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンは、ファーウェイ製のスマートフォンの新機種「P30シリーズ」のうち、自由に通信会社を選ぶことができる、いわゆる「SIMフリー」の製品については、現時点では予定どおり一部の店で24日から発売するとしています。

ファーウェイ日本法人「コメントすることなし」

ファーウェイの日本法人は「発売延期は各キャリアの判断によるもので当社からコメントすることはありません。ネット通販サイトや家電量販店で取り扱う端末については予定どおり販売していきたい」としています。

ファーウェイのスマホ 日本でシェア5位

調査会社の「MM総研」によりますと、昨年度のファーウェイのスマホの日本での出荷台数は前の年度より63%増えて188万4000台と、メーカー別のシェアは5位でした。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク向けの出荷台数は47%余りに当たる89万7000台、家電量販店や格安事業者などに向けて出荷された「SIMフリー」と呼ばれる端末が52%余りに当たる98万7000台です。

NTTドコモやKDDIが導入を発表した新しい料金プランでは端末代金が値上げされる見通しになっていて、専門家の間では、ファーウェイが主力としている比較的割安な「中価格帯」のスマホの販売が伸びると見られています。

それだけにKDDIとソフトバンクによる新機種の発売延期などの影響も懸念されます。

一方、アメリカの調査会社のIDCの集計ではファーウェイのスマホの世界全体の出荷は年間2億台余りに上っています。

イギリスでも 発売見合わせる動き広がる

イギリスでもボーダフォンなど大手携帯電話会社の間で発売を見合わせる動きが広がっています。

このうち、イギリスの大手携帯電話会社「EE」は今月30日に次世代の通信規格5Gのサービスを開始するにあたって対応するファーウェイ製のスマホを発売する予定でしたが、グーグルの機能を利用者が十分に使えるか確認が必要だとして発売を見合わせました。

また、「ボーダフォン」もファーウェイ製の5G対応のスマホについて注文の受け付けを停止しています。

一方、「ソフトバンクグループ」傘下の半導体開発大手でイギリスの「ARMホールディングス」はファーウェイとのすべての取り引きを停止しました。これについて、ARM社は「アメリカ政府の規制にしたがっている」とコメントし、アメリカ政府がファーウェイとの取り引きを禁じる措置をとったことが理由だと明らかにしました。