財布紛失の高校生に善意の6万円 恩人の医師と再会 那覇

財布紛失の高校生に善意の6万円 恩人の医師と再会 那覇
先月、親戚の葬儀に参列するための航空券代が入った財布をなくした沖縄県の高校生が見ず知らずにもかかわらずお金を貸してくれた埼玉県の医師の男性と21日那覇市で再会しました。
再会したのは、那覇市の沖縄工業高校2年生、崎元颯馬さんと埼玉県の医師、猪野屋博さんです。

崎元さんは先月24日、おじの葬儀に参列するため与那国島に向かう途中、航空券代6万円が入った財布をなくしたことに気付き途方に暮れていましたが、たまたまその場にいた見ず知らずの猪野屋さんがお金を貸してくれて無事、葬儀に出席できました。

その際、猪野屋さんは連絡先を伝えませんでしたが、崎元さんが地元の新聞社に記事を掲載してもらい「名乗り出てほしい」と呼びかけさがしていたところ猪野屋さんから連絡があり、2人は21日、沖縄で再会しました。

崎元さんは、「お金を貸していただきありがとうございます。またお会いできてうれしいです」とお礼を述べ、借りた6万円とともに、高校の授業で作ったという猪野屋さんの名前入りの文鎮を手渡しました。

これに対し猪野屋さんは「みんなにだまされたと言われていたので、名乗り出てくれてうれしかった。恩に報いるということをご両親と学校がしっかり教えているのだと感じた」と述べました。

そして、「もう落とさないように」と崎元さんに革製の財布をプレゼントしました。この後2人は記念写真を撮るなどして再会を喜んでいました。