元慰安婦が日本政府を訴えた裁判「却下されるべき」

元慰安婦が日本政府を訴えた裁判「却下されるべき」
韓国で元慰安婦などが日本政府を相手取って起こした裁判が動き出す可能性が出てきたことから、日本政府は韓国政府に対し、裁判の被告になることは国際法上、認められず、訴訟は却下されるべきだと伝えました。
韓国の元慰安婦や遺族20人は2016年12月、「精神的、肉体的苦痛を強いられた」として、日本政府に対して、総額でおよそ30億ウォン(2億8000万円余り)の損害賠償を求める裁判をソウル中央地方裁判所に起こしました。

日本政府は訴状を受け取りませんでしたが、書類を一定期間、裁判所に掲示することで、訴状が相手に届いたとみなす公示送達の手続きがとられ、今月9日以降、審理を行うことが可能となりました。

これを受けて、外務省は21日、日本政府が韓国の裁判の被告になることは国際法上、認められず、訴訟は却下されるべきだと外交ルートを通じて伝えました。

慰安婦問題について、日本政府は2015年の日韓合意で、「最終的かつ不可逆的な解決」を両国政府で確認しているほか、日本と韓国の請求権の問題は、1965年の請求権協定で解決済みだとしています。