大雨で地盤緩んだ地域も 引き続き土砂災害に注意

大雨で地盤緩んだ地域も 引き続き土砂災害に注意
前線や湿った空気の影響で、21日は東日本や東北南部を中心に雨が激しく降り、各地で大雨になりました。これまでの雨で地盤が緩んでいる地域があり、気象庁は引き続き土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、前線や湿った空気の影響で、21日は、東日本や東北を中心に大気の状態が不安定になり、激しい雨が降りました。

午前中、断続的に激しい雨が降った静岡県の天城山では午後4時までの24時間の雨量が平年の5月1か月分に迫る422.5ミリに達しました。

風も強まり、東京八王子市で午前9時半ごろに22.9メートル、千葉県勝浦市で午後0時半すぎに22メートル、横浜市で午前9時40分に21.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

発達した雨雲は次第に東の海上に抜け、西から雨はやんでいますが、伊豆諸島では、このあと数時間、局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。

これまでの雨で地盤が緩んでいる地域があり、気象庁は、引き続き土砂災害や川の増水、高波に十分注意するとともに、強風や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかけています。

一方、22日は高気圧に覆われて全国的に晴れ、日中の予想最高気温は京都市と高知市で30度と真夏日が予想されているほか、名古屋市で29度、東京の都心と大阪市で27度など各地で平年を上回る暑さになる見込みです。熱中症に注意してください。