天皇陛下の即位祝うパレード コースが決定 10月実施

天皇陛下の即位祝うパレード コースが決定 10月実施
皇位継承に伴う一連の儀式などの検討を行う政府の式典委員会が開かれ、ことし10月に行われる、天皇陛下の即位を祝うパレードについて、皇居・宮殿から国会議事堂正門前を経て青山通りを通って「赤坂御所」までの、およそ5キロのコースとすることなどが決まりました。
皇位継承に伴う一連の儀式などの検討を行う政府の式典委員会が総理大臣官邸で開かれ、ことし10月22日に実施される天皇陛下の即位に伴う祝賀パレード、「祝賀御列の儀」(しゅくがおんれつのぎ)のコースについて、事務局から3つの案が示されました。

そして協議の結果、皇居・宮殿から二重橋前交差点、国会議事堂正門前を経て、平河町の交差点から青山通りに入り、「赤坂御所」までの、およそ5キロのコースとすることが決まりました。

また、パレードの車列には、天皇皇后両陛下、皇位継承順位1位の皇嗣になられた秋篠宮さまと紀子さまのほか、総理大臣と官房長官などが乗った車も加わり、およそ30分かけて行われます。

一方、パレード翌日の10月23日に総理大臣夫妻の主催で開かれる晩さん会では、狂言師の野村萬斎さん、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん、文楽の人形遣いの吉田玉男さんが、五穀豊じょうを祈って舞う「三番叟」を、それぞれ演じることが決まりました。

また、能楽師の観世清和さんと息子の三郎太さんによる能も上演されることになりました。安倍総理大臣は会議の最後に「引き続き各式典がつつがなく、国民がこぞってことほぐ中で整然と行われるよう、精力的に検討を進めていく」と述べました。