上皇さま 魚類の研究会に出席し研究仲間と交流

上皇さま 魚類の研究会に出席し研究仲間と交流
上皇さまは、20日、東京都内で開かれた魚類の研究会に出席し、研究仲間と交流されました。
上皇さまは、午後2時すぎ、東京 上野の国立科学博物館に到着し、集まっていた人たちに、車の中から笑顔で手をふってこたえられました。

上皇さまは、皇太子の時からハゼの分類に関する論文を発表するなど、魚類の研究を続けていますが、20日は、博物館で開かれた「魚類分類研究会」に出席されました。

長年、この研究会に足を運んできましたが、退位後に出席されるのは初めてです。

上皇さまは、博物館の職員の発表を聞いたり、研究仲間と懇談したりして2時間余り過ごし、午後4時半すぎ、見送りの関係者らに笑顔で会釈をして博物館をあとにされました。

上皇さまは、先週3回、皇居にある生物学研究所に足を運んでいて、今後も週に3回のペースで定期的に研究に通われるということで、宮内庁の幹部は「譲位後の日常生活について、少しずつ形が整い始めている」と話しています。