天皇陛下 皇居で初の田植え

天皇陛下 皇居で初の田植え
天皇陛下は、皇位継承に伴って皇居での稲作を上皇さまから受け継ぎ、20日初めて田植えの行事に臨まれました。
皇居の水田では、昭和天皇が始めた稲作を上皇さまが受け継いで、毎年この時期に田植えをされてきましたが、今月1日の皇位継承に伴い天皇陛下が受け継がれました。

天皇陛下が、皇居で稲作の行事に臨むのは初めてで、20日は、水色の長袖シャツにグレーのズボン姿で長靴をはいて水田に入られました。

そして、もち米の「マンゲツモチ」と、うるち米の「ニホンマサリ」の苗合わせて100株をひと株ずつ丁寧に植えられました。

これらの苗は、先月、上皇さまが種もみをまかれたもので、宮内庁によりますと、高さ25センチ前後と順調に育っているということです。

秋に収穫されるコメは、宮中三殿で行われる儀式などで使われる予定です。