むき出しの山肌にドローンで種まき 豪雨被害の広島で緑化実験

むき出しの山肌にドローンで種まき 豪雨被害の広島で緑化実験
去年7月の西日本豪雨では広島県内のおよそ8500か所で斜面が崩れる被害が相次ぎ、いまも山肌がむき出しのままの場所が多くあります。

こうした山を元の姿に戻そうと、ドローンを使って、斜面に植物の種をまく実験が14日、広島県呉市で行われました。
実験は呉市にある野呂山の山頂近くの斜面で行われ、操縦士がドローンを飛ばし、よもぎなど3種類の植物の種をおよそ100平方メートルの範囲にわたる山肌に向けてまきました。

西日本豪雨ではこの山頂も含め、広島県内のおよそ8500か所で斜面が崩れる被害が相次ぎ、10か月余りたったいまも多くの場所で山肌がむき出しのままとなっています。

今回の実験は、こうした山を緑があふれる元の姿に戻そうと、ドローン事業を行う企業が呉市に協力を申し出て実施されました。

企業によりますとドローンで斜面を緑化するのは全国でも珍しく、今後、1か月ごとに植物の成長を観察し、効果が確認できれば、種をまく範囲を広げたいとしています。

「A.L.I.テクノロジーズ」の白石和也さんは「緑が芽吹いて少しでも被災者の心が和らげばいいと思います」と話していました。