自民 二階幹事長 消費増税は予定どおりも 景気の動向は見極め

自民 二階幹事長 消費増税は予定どおりも 景気の動向は見極め
景気動向指数の基調判断が「悪化」に下方修正されたことを受けて、自民党の二階幹事長は、予定どおり10月に消費税率を引き上げる方針に変わりはないとする一方、景気の動向は今後も見極める必要があるという認識を示しました。
自民党の二階幹事長は記者会見で、10月に予定される消費税率の引き上げについて「よほどのことがないかぎり変更はない」と述べました。

一方で「党内で十分見極めて賢い判断をしてもらいたい」と述べ、景気の動向は、今後も見極める必要があるという認識を示しました。

また、補正予算案の編成について「まだ、政府から十分説明を聞いていない。慎重にやっていきたい」と述べ、必要に応じて検討する考えを示しました。

一方、野党内からも、安倍総理大臣が夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」に踏み切るのではないかという見方が出ていることについて「相手の手にのるようなことはやらないほうがいいと思うが、状況を見て判断していく」と述べました。