維新 丸山氏「戦争で島取り返すことに賛成か反対か」撤回 謝罪

維新 丸山氏「戦争で島取り返すことに賛成か反対か」撤回 謝罪
k10011915041_201905140448_201905140450.mp4
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は訪問団のメンバーに「戦争で島を取り返すことには賛成か反対か」などと質問したことについて13日夜、「不適切だった」としてみずからの発言を撤回し、謝罪しました。
北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は今月11日の夜、訪問団の団長に、「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」などと質問しました。

これについて丸山氏は13日夜、東京都内で記者団に対し、発言をした際酒を飲んでいたことを認めたうえで、「誤解を与えてしまうような極めて不適切な発言で、特に元島民の方に対し、非常に配慮を欠いた形だった。一般論として話を聞いたつもりだったが、私自身がそう考えていると誤解を与えてしまうような状況だった」と述べました。

そのうえで丸山氏は「私の発言で国益を損ねかねない状況になれば、真意ではない。心から今回の発言を謝罪し、撤回させていただく」と述べました。

一方、丸山氏はみずからの議員としての進退については「党と相談し、どういう風にしていくかを決めていきたい」と述べました。

菅官房長官「政府の立場と全く異なる」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で「詳細を承知していないが、報道されていることが事実であれば、誠に遺憾だ」と述べました。

そのうえで「いずれにしろ政府としては、交渉を通じて北方領土問題を解決し、平和条約を締結するという方針になんら変わりはない。政府の立場とは全く異なるものであり、日ロ交渉に影響を与えるとは考えていない」と述べました。

また、記者団がロシア側に説明する考えはあるか質問したのに対し、菅官房長官は「一議員の発言であり、政府としてロシア側に説明する考えはない」と述べました。

宮腰沖縄・北方担当相「甚だ不適切で遺憾」

宮腰沖縄・北方担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「わが国の立場や元島民の皆様の考えとも相いれない発言だ。『ビザなし交流』の事業の趣旨、目的に照らして、甚だ不適切でまことに遺憾だ。政府は外交交渉によって北方領土問題の解決を目指していて、引き続き交流事業の適切な実施により外交交渉をしっかりと支えていきたい」と述べました。

岩屋防衛相「極めて不適切だ」

岩屋防衛大臣は、閣議のあと、記者団に対し「詳細は承知していないが、国会議員の立場にある方の発言としては、極めて不適切だったと感じている」と述べました。