野党側が消費増税で集中審議要求 与党側拒否 衆院予算委

野党側が消費増税で集中審議要求 与党側拒否 衆院予算委
衆議院予算委員会の与野党の筆頭理事が会談し、野党側が消費税率の引き上げなどをめぐって、集中審議の開催を求めたのに対し、与党側は応じられないという考えを伝えました。
会談で、野党の筆頭理事を務める立憲民主党の逢坂政務調査会長は10月の消費税率の引き上げなどをめぐり、政府の姿勢をただす必要があるとして、集中審議の開催を改めて求めました。

これに対し、与党の筆頭理事を務める自民党の田中和徳氏は、問題を所管する常任委員会でそれぞれ対応すべきだとして、応じられないという考えを伝えました。

田中氏は記者団に対し「予算委員会を即座に開くことは全く考えていない」と述べる一方、逢坂氏は「継続して協議していく」と述べました。