「かんぽの宿 」11か所 年内で営業終了 赤字続く 日本郵政

「かんぽの宿 」11か所 年内で営業終了 赤字続く 日本郵政
k10011913751_201905130438_201905130449.mp4
日本郵政は、全国に保有している宿泊施設「かんぽの宿」のうち、採算が悪化している11か所の営業を年内で取りやめる方針を固めたことが分かりました。
日本郵政は全国で53の宿泊施設などを保有していますが、多くの施設で来客数が伸び悩み、事業の赤字が続いているため、会計検査院が売却を含めた事業の見直しを求めていました。

関係者によりますと、日本郵政は「かんぽの宿」のうち、箱根、別府、勝浦などにある11か所について、12月下旬に営業を取りやめる方針を固めたということです。

日本郵政は今後、売却先を探すなど具体的な準備に入る方針です。

日本郵政は、民営化に伴って郵政公社から71の宿泊施設などを引き継ぎましたが、これまでに18施設の営業を取りやめ、今回の営業停止を含めると施設数は42となり、当初より4割程度減ることになります。

日本郵政はさらに数か所の営業の取りやめも検討していて、事業の安定化を一段と進めたい考えです。

11か所は以下。

・郡山(福島県郡山市)
・磯部(群馬県安中市)
・勝浦(千葉県勝浦市)
・箱根(神奈川県箱根町)
・諏訪(長野県諏訪市)
・富山(富山県富山市)
・浜名湖三ケ日(静岡県浜松市)
・岐阜羽島(岐阜県羽島市)
・湯田(山口県山口市)
・徳島(徳島県徳島市)
・別府(大分県別府市)