都市部の農地維持へ 都が人材育成にアカデミー開設へ

都市部の農地維持へ 都が人材育成にアカデミー開設へ
k10011913091_201905120702_201905120714.mp4
都市部の農地を維持していくため東京都は来年度、「東京農業アカデミー」を開設し、新たに農業に携わる人を育てていくことになりました。
東京などの都市部では農地を維持するため、所有者が税制上の優遇措置を受けられる代わりに、原則として30年間は宅地などに転用できない「生産緑地」という制度がありますが、この制度ができてから30年を過ぎる2022年に農地を宅地に転用する動きが加速するおそれがあります。

このため東京都は来年度、新たに農業に携わる人を育成する「東京農業アカデミー」を開設することになりました。
具体的には、農業を始めたい人を対象に八王子市内にある都有地に整備する研修農場で農業の技術などを学ぶ2年間の研修を行うことや、独立する場合に農地の確保を支援することなどを検討しています。

このアカデミーでは、来年度から10年間で90人程度の新たな農業の担い手を育成したいとしているほか、農家の後継ぎなどを対象にマーケティングなど農業経営の戦略を学べる研修も行う方針です。

都はこうした取り組みを通じて都市部の農業の振興を図り、農地を維持していく考えです。