天皇陛下の即位を記念する貨幣を2種類発行へ

天皇陛下の即位を記念する貨幣を2種類発行へ
天皇陛下が即位されたことを記念して、政府は2種類の記念貨幣を発行することを決めました。
記念貨幣は額面1万円の金貨と額面500円の銅や白銅などの素材を重ねた「クラッド貨幣」の2種類です。

一万円貨幣は直径28ミリの純金製で、表には翼を広げたほうおうが、裏には菊の花の紋章が描かれています。
五百円貨幣は直径26.5ミリで、表には新天皇即位を内外に宣言する儀式で使われる「高御座」が、裏には菊の花の紋章がデザインされています。

一万円貨幣は5万枚、五百円貨幣は500万枚が発行されます。

このうち、ケースに入った一万円貨幣単体の2万個、一万円貨幣と五百円貨幣の2枚セットの3万個が造幣局から通信販売されます。

価格は消費税込みで、一万円貨幣の単体は14万555円、一万円貨幣と五百円貨幣の2枚セットは14万2593円で、ことし7月11日から3週間程度の間、申し込みを受け付ける予定です。

また五百円貨幣のうち497万枚については、各地の金融機関で額面価格での引き換えを行うとしていて、詳細はことし9月ごろに発表される予定です。