WTOに委員会改革案提出 日本の主張退けられ 官房副長官

WTOに委員会改革案提出 日本の主張退けられ 官房副長官
韓国政府による福島県などの水産物の輸入禁止をめぐり、WTO=世界貿易機関の上級委員会で日本側の主張が退けられたことを受け、野上官房副長官は、上級委員会は紛争解決の役割を果たしていないとして、WTOに改革案を提出したことを明らかにしました。
韓国政府による福島県などの水産物の輸入禁止をめぐり、WTO=世界貿易機関の上級委員会で日本側の主張が退けられたことについて、日本政府は、韓国の措置がWTOルールに適合しているのかどうかの判断にまで踏み込んでいないとして批判しています。

これに関連して、野上官房副長官は記者会見で、「先般の韓国の輸入規制に関する上級委員会の判断は紛争の解決に資さないものだった」と述べたうえで、先月17日にWTOに対し、上級委員会の改革案を提出したことを明らかにしました。

そして、野上官房副長官は改革案の内容について、「上級委員会の義務、権限に関するWTO協定上の規定を確認するとともに、加盟国と上級委員会の対話の場を設置する等の内容となっている」と述べました。

そのうえで、「わが国としては上級委員会は紛争解決に資する形で機能すべきという考え方のもと、より具体的な内容について、WTO加盟国との議論に積極的に貢献していきたい」と述べました。