高須クリニック院長別宅から金塊7キロ盗まれる 愛知

高須クリニック院長別宅から金塊7キロ盗まれる 愛知
今月4日、美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長の愛知県日進市にある別宅から、時価総額3400万円余りの金塊7キロなどが盗まれていたことが分かり、警察が窃盗事件として捜査しています。
被害に遭ったのは、全国に営業拠点を持つ美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長の愛知県日進市にある別宅です。

警察によりますと、大型連休中の今月4日の午前3時ごろ、建物を管理する警備会社から通報があり調べたところ、玄関のドアがバールのようなものでこじあけられていて、室内にあった時価総額3400万円余りの金塊7キロとノートパソコン1台が盗まれていたということです。

警察が防犯カメラの映像を解析したところ、通報の1時間ほど前、不審な複数の人物が別宅の駐車場を横切って玄関のほうへ向かったあと、しばらくしてから去って行く様子が写っていたということです。

警察は窃盗事件として不審な人物の行方を捜査しています。

被害について高須院長は8日、ツイッターに「しばらく留守にしているうちに泥棒が入った。へソクリ全部取られた。命取られなくてよかった」などと投稿しました。

近所の住民「この地域が目をつけられていると思うと怖い」

近所に住む女性は今月、家族が車のタイヤを盗まれる被害に遭ったということで「被害が続いてびっくりしています。この地域が目をつけられているのかと思うと、怖いねと家族とも話していました。高須院長の別宅は芝を刈っているとき以外は、あまり人の出入りはないと思います」と話していました。