開幕10試合でわずか1得点 J1サガン鳥栖 カレーラス監督退任

開幕10試合でわずか1得点 J1サガン鳥栖 カレーラス監督退任
サッカーJ1で、最下位に低迷しているサガン鳥栖は5日、ルイス・カレーラス監督の退任を発表しました。今後はキン・ミョンヒコーチが(金明輝)チームの指揮をとる方向で調整を進めています。
これはサガン鳥栖が5日、ホームページで発表しました。

それによりますと「このたび、ルイス・カレーラス監督が退任することが決定しましたのでお知らせいたします。また、キン・ミョンヒコーチの監督就任に向けて手続きを進めており、最短で5月7日の発表となります」としています。

スペイン出身のカレーラス監督はスペイン1部の強豪バルセロナなどでディフェンダーとしてプレーしたあと、スペインの複数のクラブの監督を務め、今シーズンからサガンの監督としてチームを指揮してきました。

しかしここまでJ1のリーグ戦10試合を終え総得点が「1」で、1勝8敗1引き分けの最下位に低迷していました。

退任したカレーラス監督は「就任当初から最後まで支えていただいたすべての方々に感謝します。特に愛情あふれるファンの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。サガン鳥栖への愛情は永遠です。ありがとうございました」とコメントしています。