日本・カナダ首脳 中国でカナダ人拘束“法の支配重要”

日本・カナダ首脳 中国でカナダ人拘束“法の支配重要”
k10011900361_201904290712_201904290713.mp4
カナダを訪れている安倍総理大臣は、トルドー首相と会談し、中国の通信機器大手ファーウェイの副会長がカナダで逮捕されたあと、中国がカナダ人2人を相次いで拘束したことについて意見を交わし、解決には法の支配が重要だという認識を共有しました。
ことし6月のG20大阪サミットを前に、主要議題の調整にあたるため、ヨーロッパやアメリカなどを歴訪中の安倍総理大臣は、日本時間の28日午後11時ごろから、最後の訪問国カナダの首都オタワでトルドー首相と首脳会談に臨みました。

この中で、安倍総理大臣は、G20大阪サミットの成功に向けて、自由貿易、デジタル経済、海洋プラスチックごみ、インフラ投資など、主要論点での合意形成が進むよう協力していきたいという考えを伝えました。

これに対し、トルドー首相は「ことしは日本でG20を主催されるということで、非常に期待している」と述べ、日本の取り組みに全面的に協力する考えを示しました。

また、トルドー首相は、中国の通信機器大手ファーウェイの副会長がカナダで逮捕されたあと、中国がカナダ人2人を相次いで拘束したことについて強い懸念を示し、両首脳は、問題の解決には法の支配が重要だという認識を共有しました。

さらに、首脳は、北朝鮮への対応について、国連安全保障理事会の制裁決議を着実に履行し、すべての大量破壊兵器やあらゆる射程の弾道ミサイルの完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄の実現に向けて緊密に連携していくことを確認したほか、日本やカナダなど11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加国の拡大に向けて連携していくことなどでも一致しました。

カナダ首相 対北朝鮮制裁決議履行で日本と連携

カナダのトルドー首相は、安倍総理大臣との共同記者会見で、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を着実に履行するために日本と緊密に連携していく考えを示しました。

この中で、トルドー首相は、太平洋地域での安全保障においてカナダが重要な役割を果たしていくと強調しました。

そのうえで、「北朝鮮への制裁を確実に実施していく」と述べ、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を着実に履行するために日本と緊密に連携していく考えを示しました。

また、トルドー首相は、記者からアメリカのトランプ政権が保護主義的な貿易政策を推し進めていることについて聞かれ、「経済を成長させるのは、保護主義ではなく、各国で協力することが重要だ」と述べ、日本やカナダなど11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の発効の意義を強調しました。