高齢者に自動ブレーキ備えた車を 公明 政調会長

高齢者に自動ブレーキ備えた車を 公明 政調会長
東京 池袋で、高齢者が運転する乗用車が歩行者などをはねて10人が死傷した事故を受けて、公明党の石田政務調査会長は、高齢者が自動ブレーキなどの安全装置を備えた車を購入するのを支援する必要があるという考えを示しました。
東京 池袋では、今月19日、87歳の高齢者が運転する乗用車が歩行者などを次々にはねて、3歳の女の子と母親が死亡するなど、10人が死傷しました。

公明党の石田政務調査会長は、記者会見で「二度と起こしてはいけない。地方では交通の便が悪く、自動車に頼らざるをえない事情もあり、高齢ドライバーによる事故を本人の問題として片づけず、国として取り組むべきだ」と指摘しました。

そのうえで、高齢者が自動ブレーキなどの安全装置を備えた車を購入する際、補助金を出すなど支援する必要があるとして、党で具体策を検討し、政府に実現を働きかけていく考えを示しました。