少年を無免許運転の疑いで逮捕 実際は免許証は有効 警察が謝罪

少年を無免許運転の疑いで逮捕 実際は免許証は有効 警察が謝罪
高知県の土佐警察署の警察官が23日、ミニバイクで事故を起こした19歳の少年について、「無免許で運転していた」と話したのをうのみにして、その場で無免許運転の疑いで逮捕しましたが、実際は免許証は有効で携帯していないだけだったことが分かり、およそ5時間後に釈放して家族に謝罪しました。
23日午前11時前、高知県いの町の県道で、2人乗りのミニバイクが右折待ちをしていた乗用車に追突しました。

警察によりますと、通報で駆けつけた土佐警察署の警察官に対し、ミニバイクを運転していた19歳の少年が「無免許で運転していた」と話したことから、その場で無免許運転の疑いで逮捕しました。

ところが、その後確認した結果、少年は無免許運転ではなく、免許証は有効で携帯していないだけだったことが分かりました。

警察の説明によりますと、少年は去年9月、90日間の免停処分を受けましたが、その際、警察に免許証を預け、取りに行かないまま処分の期間が過ぎました。

少年はこの期間中に無免許運転で摘発されたため、免許が取り消しになっていると思い込んでいて、23日の事故の際に「無免許で運転した」と話したということです。

しかし、無免許運転による免許の取り消し処分は、本人が警察に出頭して通知を受け取らないと行えず、少年は出頭していなかったということです。

警察は逮捕からおよそ5時間後に少年を釈放するとともに、誤認逮捕を認めて家族に謝罪しました。

土佐警察署の岡潔副署長は「今後このようなことがないよう指導を徹底したい」と話しています。