中国スマート家電急拡大 日本のあの商品も!?

中国スマート家電急拡大 日本のあの商品も!?
大型モニター付きの冷蔵庫、スマホで操作する電子レンジ。いま、中国ではインターネットにつながるスマート家電の市場が急拡大しています。この中国市場で、日本の大手メーカーが売り出したスマート家電は、かつて日本で「爆買い」の対象にもなった、あの商品でした。中国の最新家電事情と日本企業の戦略に迫ります。
(中国総局記者 吉田稔)

家じゅうつながるスマート家電

3月、上海で開かれた中国最大規模の家電博覧会。

超高精細のテレビなどとともに来場者の関心を集めたのが、ネットとつながるスマート家電です。

中国の大手家電メーカーハイアールは、家の中のあらゆる家電をネット経由でつなげるシステムを展示。帰宅前にスマホで給湯器を操作して入浴の準備をしたり、帰宅して玄関の鍵を開けるとエアコンや空気清浄機が作動したりします。
また、新興メーカーの雲米(Viomi)が出展した冷蔵庫には、扉についた21.5インチのモニターで庫内の食材の量や鮮度を管理できるだけでなく、レシピの検索や、ネット通販を通じて食材の注文も可能です。さらに、このパネルから、電子レンジや炊飯器なども操作できます。冷蔵庫がキッチンの“プラットフォーム”の役割を果たすという提案です。

来場者の女性は「ネットにつながる炊飯器やエアコンはすでに持っているけど、スマート冷蔵庫は持っていないので興味深いです」と話し、メーカーの担当者に機能や値段を熱心に聞いていました。

スマート家電 普及の背景は?

こうしたスマート家電、日本でもかねてから開発されてはいますが、なぜいま中国で急拡大しているのでしょうか。

理由の1つが、8億人を超えるネットユーザーの存在です。その大半がスマホ経由の利用者で、中国では、スマホ決済や通販、タクシーの配車依頼など、さまざまなサービスが生活に根付いています。その生活感覚と、スマホを使って操作するスマート家電の相性が合うようです。

また、共働き世帯が非常に多いという事情もあります。特に若い世代にとっては、家事にかける時間は少なければ少ないほどよく、家事の効率をあげてくれるなら、多少、値段が高くても購入しようという意欲が強くあります。

中国の去年のスマート家電の出荷台数は約1億5000万台。それが2022年には3億台に倍増するという試算もあり、市場は拡大が続く見通しです。

日本企業も意欲 パナソニックの挑戦

この中国市場に、日本企業はどう臨もうとしているのか。

1987年に北京でブラウン管製造の合弁企業を設立したパナソニック。いわば“中国進出の老舗”です。90年代に事業を多角化し、「松下」(中国語読みでソンシア)を知らない人はいないという存在にまで成長しました。中国の家電市場でのシェアも、一時はおよそ20%に達しました。
しかし2000年代に入ると、ハイアールをはじめ、小米(シャオミ)や美的(メイディ)といった中国メーカーが力をつけてきます。

家電市場も拡大しますが、パナソニックは売り上げを伸ばせず、去年の中国でのシェアは2%にとどまっています。
中国のスマート家電部門を統括する呉亮事業部長は「性能では中国メーカーに負けていなかったが、営業現場に十分な権限を与えなかった結果、スピードで負けてしまった」と振り返ります。

目を付けたのは爆買いで注目集めたあの商品

そのパナソニックがスマート家電市場で巻き返しを図ろうとしています。

まずはライバルメーカーの商品を徹底分析。さらに、年代別の消費行動のデータなどをもとに、中国メーカーがまだ手を付けていない領域を探った結果、「美容・健康」の分野にねらいを定めました。

中国では、生活に余裕が生まれてきたこともあり美容や健康に対する関心が急速に高まっています。パナソニックは、日本でもこの分野に注力しており、優位性があると判断しました。そして開発したのが、ネットにつながる「スマートトワレ」、つまり便座です。
「えっ?」と思われるかもしれませんが、日本の“温水洗浄便座”は、かつて日本を訪れた中国人観光客の爆買いの対象としても話題になりました。それをスマート化しようというわけです。

完成したスマート便座は、おしりに触れる部分の一部が金属製になっています。座るだけで体脂肪を測定できます。

さらに、備え付けの棒状のキットに尿をかけると、タンパクや潜血、pHなど6項目を測定してくれます。その数値は洗面台の鏡に表示され、手を洗うときに、自分の健康状態を把握できるという仕組みです。データはスマホにも転送・蓄積されるので、日々の体調の変化も把握できます。
このスマート便座と鏡のセット、価格は4万人民元、日本円でおよそ70万円しますが、ことし3月の発売開始以来、内装会社などから次々と引き合いが来ているということです。

スマート化の深化に高級戦略も 中国市場が成長の鍵

このスマート便座と鏡に、若い開発担当者たちが新たな機能を加えようとしています。それは、鏡に表情を読み取らせるという機能です。

内蔵したカメラやセンサーが、口角の上下やまばたきなど顔の筋肉の微妙な動きを感知。そこから「怒り」や「喜び」など感情を読み取り、数値化します。データをスマホで管理すれば感情の変化を把握でき、心の健康も管理できると言います。

開発担当者は「親が子どもの気持ちを知ることができるし、夫が妻の機嫌を見極めることもできる。落ち込んでいるときに適切に対処できれば、心の不調を長引かせることも少ない」と効果を説明しました。

パナソニックは中国市場で、意外な業種ともコラボしています。高級スポーツカーメーカーのポルシェです。ポルシェ傘下の事務所にデザインを委託した洗濯機がヒット商品になっています。

車のホイールを思わせる洗濯槽に、スピードメーターふうの操作パネル。しつこい汚れも一気の加速で洗い落としてくれそう!?ヨーロッパメーカーが強い高級家電でも、シェアを獲得しようというねらいです。
呉亮事業部長は、2%まで落ち込んだシェアを、まずは5%に拡大したいと意気込んでいます。さらに「日本に先んじた商品開発を中国でどんどん進めていくことで、いずれ日本に中国発の家電を輸出する。それが『日本への恩返し』になる」と話していました。

成長も変化もスピードが速い中国市場。去年、創業100年を迎えたパナソニックが培ってきた日本型ものづくりと、中国のスピーディな市場への対応が融合し、どのような化学変化が起きるのか注目したいと思います。
中国総局
吉田稔

平成12年入局
経済部で財政や貿易などを取材
現在は中国総局