市営バスが歩行者5人はねる 2人が心肺停止 神戸

市営バスが歩行者5人はねる 2人が心肺停止 神戸
k10011891151_201904211515_201904211524.mp4
21日午後、神戸市中心部のJR三ノ宮駅前の路上で路線バスが複数の歩行者をはね、消防によりますと、このうち2人は心肺停止の状態だということです。
21日午後2時すぎ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で「市営バスが歩行者をはねた」という通報が消防にありました。

消防や警察によりますと、路線バスは路上で複数の歩行者をはね、このうち2人は心肺停止の状態だということです。また、けが人も複数いるということです。

警察はバスの運転手の男を、業務上過失傷害の疑いで、その場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

現場は神戸市中心部の繁華街に近く、事故当時もたくさんの人通りがあったということです。

現場は

上空から撮影した映像では、JRの三ノ宮駅と阪急の神戸三宮駅の間の高架下に多くの救急車や警察の車両が集まっている様子が確認できます。

周辺には規制線が張られて、治療の優先順位を決める「トリアージ」用と見られるテントが道路上に設置されていて、救急隊員が救護活動を行っています。

また現場近くで撮影した映像では、高架の下に事故を起こしたとみられるバスが停まっていて、警察官が検証作業を行っています。