「東京ガールズコレクション」運営会社に課徴金支払い命令

「東京ガールズコレクション」運営会社に課徴金支払い命令
ファッションイベント「東京ガールズコレクション」などを運営する東京の会社が、去年までの5年間の売り上げを合わせて23億円余り水増ししていたとして、金融庁は1億3000万円余りの課徴金を支払うよう会社に命じました。
課徴金の納付命令を受けたのは、東証1部に上場し、ファッションイベント「東京ガールズコレクション」の運営やアニメの制作などを行っている東京 千代田区の「ディー・エル・イー」です。

金融庁などによりますとこの会社はテレビアニメの企画や制作などをめぐって未完成の作品を売り上げに計上するなどして去年までの5年間の売り上げを合わせて23億円余り水増ししていたということです。

このため金融庁は、有価証券報告書にうその記載をしていたとして、金融商品取引法に基づき、1億3000万円余りの課徴金を支払うよう会社に命じました。

これについて「ディー・エル・イー」は、「このたびの事態を厳粛に受け止め、再発防止および信頼回復に努めてまいります」としています。