萩生田氏“消費増税延期ありえる” 衆参同日選含め臆測も

萩生田氏“消費増税延期ありえる” 衆参同日選含め臆測も
k10011888861_201904190506_201904190515.mp4
消費税率の引き上げについて、自民党の萩生田幹事長代行は、景気の動向次第では延期もありえるという認識を示しました。政府は、リーマンショック級の出来事がないかぎり引き上げる方針に変わりはないと強調していますが、衆参同日選挙の可能性も含んで増税延期の臆測がくすぶることになりそうです。
10月の消費税率引き上げについて、自民党の萩生田幹事長代行は、日銀が7月に発表する短観=企業短期経済観測調査の内容次第では、延期もありえるという認識を示すとともに、「増税をやめることになれば、国民の信を問うことになる」と指摘しました。

一方で、夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」については「G20サミットもあるので、なかなか日程的に難しい」と述べました。

これに対し菅官房長官は「リーマンショック級の出来事が起こらないかぎり、法律で定められたとおり、引き上げる予定だ」と強調しました。

自民党の幹部によりますと、萩生田氏は「安倍総理大臣から指示を受けて発言したわけではなく、迷惑をかけて申し訳ない」と話しているということです。ただ萩生田氏は安倍総理大臣に近いことで知られ、党内では「増税を延期すれば、衆参同日選挙を行う可能性もあるのではないか」といった見方も出ています。

一方、野党側は「アベノミクスは破綻している」などとして、10月に消費税率を引き上げる状況にはないとしています。

立憲民主党の福山幹事長は「総選挙となれば堂々と受けて立ち、ほかの野党と協力して安倍政権を倒す」と述べ、準備を加速させる考えを示しました。

消費税率の引き上げをめぐっては、実施まで半年を切り、さまざまな準備が進められていますが、安倍総理大臣に近い萩生田氏の発言だけに、衆参同日選挙の可能性も含んで増税延期の臆測がくすぶることになりそうです。