“はやぶさ2に学べ” NASAチームが来日

“はやぶさ2に学べ” NASAチームが来日
地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の上空に探査機が到達し、来年の着陸を目指しているNASA=アメリカ航空宇宙局のプロジェクトチームが日本を訪れ、ことし2月に別の小惑星への着陸を成功させた「はやぶさ2」のプロジェクトチームから、精密な誘導方法などについて助言を受けました。
NASAの探査機「オシリス・レックス」は、去年12月、地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の上空に到達し、砂や石を採取するための着陸を来年7月をめどに計画しています。

しかし、小惑星「ベンヌ」の地表は、日本の「はやぶさ2」が着陸したリュウグウと同じように想定以上に岩で覆われ、着陸に適した場所を見つけることが難航しているということです。

このため、NASAのプロジェクトチームのメンバー10人は、神奈川県相模原市にあるJAXA宇宙科学研究所を訪れ、「はやぶさ2」のチームと情報交換を行いました。

NASAの一行は、小惑星の直径6メートルの狭い範囲への着陸を成功させた「はやぶさ2」のチームから、探査機を着陸地点まで精密に誘導する方法について助言を受けたということです。
NASAの探査機の責任者を務めるアリゾナ大学のダンテ・ローレッタ教授は18日の記者会見で、「はやぶさ2とオシリス・レックスの着陸の方法は異なるが、同じ問題をどのように解決したのか、技術の詳細を知りたかった。はやぶさ2から得た教訓は大変有意義で、自信を持って着陸に臨みたい」と話していました。