パトカー追跡中にバイクが接触事故 女子大学生死亡

パトカー追跡中にバイクが接触事故 女子大学生死亡
k10011885231_201904161137_201904161140.mp4
15日夜、神奈川県茅ヶ崎市の国道でパトカーに追跡されていた2人乗りのオートバイと別のオートバイが衝突する事故があり、2人乗りのオートバイに乗っていた18歳の女子大学生が死亡しました。それぞれのオートバイを運転していた少年とみられる男性2人もけがをしていて、警察は事故の原因などを調べています。
15日午後10時半ごろ、茅ヶ崎市菱沼海岸の国道の交差点で、パトカーに追跡されていた2人乗りのオートバイと交差点を右折してきた別のオートバイが衝突しました。

この事故で、2人乗りのオートバイの後ろに乗っていた伊勢原市の大学1年生、齋藤真夕さん(18)がオートバイから投げ出され、全身を強く打って死亡しました。

また、それぞれのオートバイを運転していた少年とみられる男性2人もけがをして病院に運ばれ手当てを受けています。

警察によりますと、2人乗りのオートバイは赤信号を無視した疑いでおよそ600メートルにわたってパトカーに追跡されていたということです。

警察は事故の原因などを調べています。

神奈川県警自動車警ら隊の中村和広副隊長は「適切な職務執行だったと考えているが、事実関係を確認し適正に対処します」とコメントしています。