野党 そんたく発言で福岡・山口を現地視察 引き続き追及へ

野党 そんたく発言で福岡・山口を現地視察 引き続き追及へ
前の国土交通副大臣が安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言した道路整備をめぐり、野党側の議員が15日、現地を視察し、引き続き前副大臣の参考人招致を求めるなど追及していく考えを示しました。
山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備をめぐり、塚田前国土交通副大臣は、安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言し、辞任しました。

これを受けて、立憲民主党や国民民主党など、野党側の国会議員が15日、現地を視察したあと、山口県と福岡県の知事らからヒアリングを行いました。

この中で、福岡県の小川知事は「今の道路は本州と九州を結ぶ大動脈でありながら、古くなっている。速やかに調査し、早期の整備が必要だと理解してほしい」と述べました。

また野党側が「国の直轄調査が決まったことに特別な配慮が働いたのではないかと思っている」などと指摘したのに対し、山口県の村岡知事は「ステップを踏んできたもので、特別に何かが働いて、急に変わったということではない」と述べました。

国民民主党の原口国会対策委員長は、記者会見で「地元の熱意はよくわかったが、なぜ、ここだけが直轄調査なのか。行政がゆがめられていないかなど、審議したい」と述べ、引き続き前副大臣の参考人招致を求めるなど追及していく考えを示しました。