コンビニのトイレで赤ちゃん出産放置 母親を逮捕

コンビニのトイレで赤ちゃん出産放置 母親を逮捕
k10011884421_201904151248_201904151301.mp4
ことし1月、埼玉県新座市のコンビニエンスストアのトイレで産まれたばかりの赤ちゃんが便器に放置されているのが見つかった事件で、警察は15日、24歳の母親を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
ことし1月、埼玉県新座市のコンビニエンスストアで便器の中に産まれたばかりの女の子の赤ちゃんがいるのが見つかり、警察は、防犯カメラの映像などから直前にトイレを使った女が赤ちゃんを産み落として立ち去ったとみて捜査していました。

その結果、東京・昭島市の無職、森泉優里愛容疑者(24)が関与した疑いがあることが分かり、赤ちゃんが死亡する可能性があったのに便器に放置したとして殺人未遂の疑いで逮捕しました。

当時、森泉容疑者は家族が運転する車で移動中に、腹痛を訴えて店に立ち寄り、その後、車のシートに血が付いていたことから家族に病院に連れて行かれて出産の事実が分かったということです。

警察によりますと、赤ちゃんの健康状態に問題はないということです。

調べに対して、「妊娠したことを親に言えず、1人で育てられないと思った」と供述しているということで、警察が詳しいいきさつなどを調べています。