相模原障害者殺傷事件 来年1月ごろ初公判 被害者の家族に説明

相模原障害者殺傷事件 来年1月ごろ初公判 被害者の家族に説明
平成28年に相模原市の知的障害者施設で45人が殺傷された事件で、13日、けがをした入所者の家族に対し、殺人などの罪に問われた元職員の男の初公判を来年1月ごろに開く方向で調整していることが検察から説明されました。家族からは「裁判で家族の心情を伝えたい」という声が聞かれました。
平成28年7月、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所していた障害のある人たちが次々と刃物で刺され、19人が殺害され職員を含む26人がけがをした事件では元職員の植松聖被告(29)が殺人などの罪に問われています。

裁判員裁判の初公判は来年1月ごろに開かれる方向で調整が進められていて、13日、横浜地方検察庁が入所者の一時的な移転先となっている横浜市の施設で、事件でけがをした入所者の家族を対象にした説明会を開きました。

説明会は非公開で行われましたが、関係者によりますと、検察から裁判の時期の見通しが示されたほか、被害者参加制度の利用について意向確認が行われ、出席した家族からは「裁判の時期をもっと早くしてほしい」という意見が出されたということです。

説明会に参加し、事件で息子の一矢さん(46)が重傷を負った尾野剛志さんは「裁判では家族の心情を伝えたい。一日も早く、家族も含めて気持ちに整理をつけて前に進みたい」と話していました。