ノーベル医学・生理学賞 本庶さんが特許料見直し求め会見

ノーベル医学・生理学賞 本庶さんが特許料見直し求め会見
ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑さんは10日、会見を開き、受賞理由になったがんの免疫療法の薬を共同で開発した製薬会社の小野薬品工業に対し、特許料の配分が不当に低く抑えられているとして契約の見直しを求めていることを明らかにしました。これに対して小野薬品工業は、「会見の全容を把握できていないので、コメントは差し控えさせていただきます」としています。
京都大学特別教授の本庶佑さんは大阪にある製薬会社、小野薬品工業と共同でがんの免疫療法の薬、オプジーボを開発し、こうした業績で本庶さんは去年、ノーベル医学・生理学賞を受賞しています。

本庶さんは10日、京都大学で、弁護士や京都大学の産学連携担当の理事とともに会見を開きました。

この中で本庶さんは、小野薬品工業と開発途中の平成18年に特許料の支払いなどについて契約を結んでいますが、特許料の分配が不当に低く抑えられているとして契約の見直しを求めていることを明らかにしました。

同席した弁護士によりますと、契約に基づいて本庶さんに分配される特許料はおそよ26億円で、小野薬品工業から正確な説明や情報提供がないまま契約を結んでいて、本来は1000億円に達してもおかしくないとしています。

本庶さんは小野薬品工業との交渉を希望しているものの、去年秋から話し合いができていないということです。

本庶さんは特許料を、若手研究者を支援するための基金に寄付するとしていて、「公正な企業と大学の連携によって研究者を育てて新たな発見を生み出すモデルをつくらないと日本の生命科学はだめになる」と話しました。

一方、小野薬品工業はこれまでのNHKの取材に対し、「契約は双方が納得したうえで締結されました。その後、誠意をもって交渉に応じてきましたが、契約とのかい離が大きく、話し合いが継続している状況です」とコメントしていて、10日の会見については「会見の全容を把握できていないので、コメントは差し控えさせていただきます」としています。