F35A戦闘機不明 現場海域で機体の一部か 確認進める

F35A戦闘機不明 現場海域で機体の一部か 確認進める
9日夜、青森県沖の太平洋上で航空自衛隊の最新鋭の戦闘機、F35Aの機影がレーダーから消えた現場周辺の海域で、航空自衛隊によりますと、これまでに機体の一部とみられるものが見つかったということです。航空自衛隊は確認を急ぐとともに、パイロットの捜索を続けています。
9日午後7時半ごろ、青森県三沢市の東およそ135キロの太平洋上で、航空自衛隊三沢基地に所属する最新鋭のF35A戦闘機1機の機影がレーダーから消えました。

航空自衛隊は、海に墜落した可能性があるとみて、現場周辺の海域に航空機などを出して捜索に当たっていますが、これまでに機体の一部とみられるものが海上で見つかったということです。

航空自衛隊は確認を急ぐとともに、この機体に乗っていた40代の3等空佐の男性パイロット1人の捜索を続けています。

当時、この機体はほかの同型機と合わせて4機で飛行しながら訓練を行っていたということで、航空自衛隊は、一緒に飛行していた同型機のパイロットから話を聞くなどして当時の詳しい状況を調べています。

F35Aは、ステルス性能を備えた最新鋭の戦闘機で、去年1月から三沢基地で配備が始まり、現在13機運用されていますが、防衛省は残りの12機について当面、飛行を見合わせることにしました。