NHK世論調査 安倍内閣「支持」47% 「不支持」35%

NHK世論調査 安倍内閣「支持」47% 「不支持」35%
k10011877171_201904081927_201904081928.mp4
NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より5ポイント上がって47%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、1ポイント下がって35%でした。
NHKは、今月5日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2292人で、55%にあたる1250人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より5ポイント上がって47%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は先月より1ポイント下がって35%でした。

支持する理由では、「他の内閣よりよさそうだから」が51%、「支持する政党の内閣だから」が15%でした。

逆に、支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が45%、「政策に期待が持てないから」が28%でした。

「平成」の次の新しい元号に決まった「令和」に、どの程度好感が持てるか聞いたところ、「大いに好感が持てる」が30%、「ある程度好感が持てる」が51%、「あまり好感が持てない」が11%、「全く好感が持てない」が3%でした。

また、「令和」は、初めて日本の古典「万葉集」から引用されました。これについて、「評価する」が63%、「評価しない」が3%、「どちらともいえない」が30%でした。

一方、ふだん、元号と西暦のどちらを多く使うか尋ねたところ、「元号」が38%、「西暦」が21%、「同じくらい」が36%でした。

「平成」という時代に、日本の社会は、よい方向に向かったと思うか聞いたところ、「よい方向に向かった」が19%、「悪い方向に向かった」が18%、「どちらともいえない」が60%でした。

東京地検特捜部は、一度保釈した日産自動車のカルロス・ゴーン前会長を特別背任の疑いで再逮捕しました。再逮捕は問題があると思うか質問したところ、「問題がある」が15%、「問題はない」が41%、「どちらともいえない」が34%でした。

政府は、先月の月例経済報告で、景気の現状について、3年ぶりに下向きに修正したものの、全体としては緩やかに回復が続いているという判断を維持しました。景気回復が続いていると思うか尋ねたところ、「続いていると思う」が10%、「続いていないと思う」が51%、「どちらともいえない」が32%でした。