花粉避けIT企業が北海道にサテライトオフィス 上士幌町

花粉避けIT企業が北海道にサテライトオフィス 上士幌町
k10011873311_201904050555_201904050612.mp4
花粉症に悩む社員に快適に仕事をしてもらおうと、東京のIT企業が、スギの花粉が少ない北海道の上士幌町にサテライトオフィスを設けました。
北海道は、南部を除いて、花粉症の原因となるスギやヒノキがほとんどありません。

東京のIT企業「トラストバンク」は、上士幌町内の移住体験住宅の1棟をサテライトオフィスにして、この時期、東京で花粉症に悩む社員が勤務できるようにしました。

林裕司さん(41)は10代から重い花粉症に悩まされ、マスクの着用に症状を抑える薬、目薬やリップクリームが欠かせません。
林さんは「くしゃみが続いて目がショボショボし、薬を飲むと頭がぼーっとして本当につらいです。外に出るのも嫌になり、毎年この時期はうんざりします」と話しています。

北海道での勤務を始めてからは症状がほとんどなくなり、マスクをつけずに明るい声で、同僚とテレビ電話で打ち合わせをしていました。

林さんは「この時期に外の空気を思いっきり吸えて、人生が変わったかのようです。このまま移住したい気持ちになります」と話しています。

移住体験住宅は9棟あり、町は、企業や観光客に利用を呼びかけています。

上士幌町企画財政課の梶達主幹は「都会の人に来てもらえれば、住民との交流も生まれ、よさを知ってもらえるので、さらにアピールしていきたい」と話しています。