南極海で最後の調査捕鯨終えた船戻る 山口

南極海で最後の調査捕鯨終えた船戻る 山口
k10011868621_201904011107_201904011108.mp4
日本がIWC=国際捕鯨委員会を脱退し商業捕鯨を再開するのに伴って、南極海では最後となる調査捕鯨を終えた船が山口県下関市の港に戻りました。
クジラの生態などを調べる日本の調査捕鯨は30年余り続けられてきましたが、日本がIWCを脱退してことし7月から商業捕鯨を再開するのに伴い、終了することになりました。

捕鯨船団の拠点の1つ、下関市の港には31日、南極海では最後となる調査捕鯨を終えた船が戻りました。

坂東武治調査団長が「商業捕鯨でも科学的な情報を積み重ねて、資源の管理を徹底します」とあいさつすると、地元の人たちがねぎらいや感謝の気持ちを伝えていました。

およそ2か月間行われた今回の調査では、これまで対象となっていなかった海域で計画どおりに333頭のクジラを捕獲し、資源量の回復が確認できたということです。

調査船の江口浩司船長は「遠い南極海への航海に乗組員もロマンを感じていたと思うので、それがなくなるのは残念ですが、再開される商業捕鯨に全力で取り組みます」と話していました。