ローマ法王が指輪への口づけ“拒否” 法王庁「感染症防止」

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王に謁見した人たちが法王の右手の指輪に口づけをしようとして次々に拒まれる動画がインターネットで拡散し、その行為をめぐって議論が起きました。
インターネットで拡散した動画は、今月25日にローマ・カトリック教会のフランシスコ法王がイタリア中部のロレートを訪問した際に撮影されました。

映像では、フランシスコ法王に謁見した人たちが1人また1人とひざまずいて右手の指輪に口づけをしようとするたび、法王がすれすれのところで右手を引っ込めて拒んでいます。

法王の指輪への口づけは、カトリックの慣習で敬意や忠誠を表す行為だとされていることから今回の行為は議論を呼び、ツイッターなどには「法王は潔癖症なのではないか」という声が相次ぎました。

さらにローマ・カトリック教会の保守派の一部からは「憂慮すべきだ」とか、「キリストの代理であることを望まないなら退任せよ」といった厳しい批判もあがりました。

こうした中、法王庁の報道官は28日、記者団に対して「理由はとても単純で、衛生上の観点だ。信者のためだ」と述べ、法王には大勢の信者が同じ場所に口づけすることで感染症が広がることを防ぐねらいがあったと説明し、理解を求めました。