三菱UFJ 組合要求上回る異例のベースアップへ

三菱UFJ 組合要求上回る異例のベースアップへ
ことしの春闘で、「三菱UFJ銀行」が、組合の要求を上回る水準のベースアップを行う異例の対応に踏み切ることがわかりました。経営環境が厳しさを増す中で、社員の意欲を高める必要があると判断したと見られます。
関係者によりますと、三菱UFJ銀行はことしの春闘で基本給を1%引き上げるベースアップを行う方針を固め、25日、組合側に回答しました。

ベースアップの実施は4年ぶりで、組合側が要求していた0.5%のベースアップという水準を上回る、異例の賃金引き上げになります。

また、ボーナスは組合側の要求どおり、前の年を1%上回る水準とする方針だということです。

銀行業界は長引く低金利で収益環境が悪化しているほか、IT業界などからの参入が相次いで競争も厳しくなっていて、経営側は生産性の向上などに取り組む社員の意欲を高める必要があると判断したと見られます。

一方、「三井住友銀行」と「みずほ銀行」は、ことしの春闘でベースアップを見送る方針で、大手銀行の間で対応が分かれることになります。