辺野古新区域で土砂投入へ 対立さらに深まる情勢

辺野古新区域で土砂投入へ 対立さらに深まる情勢
アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、沖縄防衛局は、25日にも名護市辺野古沖の新たな区域で土砂の投入を始める方針で、政府と沖縄県の対立がさらに深まることは避けられない情勢です。
普天間基地の名護市辺野古への移設計画をめぐっては、沖縄防衛局が去年12月から辺野古沖にある護岸で囲った6ヘクタール余りの区域で埋め立て工事を進めています。

沖縄防衛局は、この区域の隣にある新たな区域でも、埋め立てを始める準備が整ったとして、25日にも土砂を投入する方針です。

新たに着手する区域は広さが33ヘクタールあり、現在、工事中の区域と合わせると埋め立て予定面積全体のおよそ4分の1に当たり、沖縄防衛局は、来年夏にもこの2か所の陸地化を終えたい考えです。

ただ、2つの区域の北東にある埋め立て予定海域では、軟弱な地盤が見つかっていて、7万本以上のくいを打ち込んで地盤を強固にする必要があり、移設工事は長期化も予想されます。

一方、沖縄県は、先月の県民投票で埋め立てに反対する票が多数となったことも踏まえ工事の中止を強く求めていて、新たな埋め立てに着手すれば、政府と沖縄県の対立がさらに深まることは避けられない情勢です。