長崎港 海面が上下する「副振動」 市中心部で冠水被害

長崎港 海面が上下する「副振動」 市中心部で冠水被害
k10011856431_201903220915_201903220917.mp4
21日夜、長崎港で、海面が上下する「副振動」という現象が起き、市の中心部が冠水しました。長崎港は22日午前9時に満潮になるため、気象台は低い土地の浸水などに注意を呼びかけています。
「副振動」は、気圧の変化などで、海面が数分から数十分の周期で上下する現象です。

気象台によりますと、21日午後8時すぎから長崎港で観測され、満潮と重なったため、海面が最大で1メートルあまり上昇して海水があふれ出し、市の中心部の複数の場所が冠水しました。

警察によりますと、場所によっては水深が30センチほどになりましたが、けがをした人はいないということです。

長崎港は午前9時に再び満潮になるため、気象台は係留されている船の被害や、低い土地の浸水に注意を呼びかけています。