かわいらしい姿今のうちに ミーアキャットの子ども公開 鹿児島

かわいらしい姿今のうちに ミーアキャットの子ども公開 鹿児島
k10011854391_201903201134_201903201140.mp4
鹿児島市の平川動物公園ではミーアキャットの子どもの一般公開が先週から始まり、その愛くるしい姿が訪れる人たちの人気を集めています。
鹿児島市の平川動物公園では先月13日、ミーアキャットの赤ちゃんが生まれ、3匹が順調に成長しています。

3匹はこれまで屋根のある寝室で過ごしていましたが、体長およそ20センチ、体重130グラムほどの大きさになり、外での生活に慣れるため屋外の展示場での一般公開が今月16日から始まりました。

ミーアキャットはアフリカ大陸の南のサバンナなどに生息するマングース科の動物で、2本足で立つ特徴的な姿は、警戒心から周辺を見渡しているためだということです。

3匹の子どもはまだ性別が分からず、2本足で立つこともできませんが、お互いに身を寄せ合ったり家族に甘えたりしながら展示場の中を元気よく動き回っていました。

飼育を担当する松元悠一郎さんは「ミーアキャットは成長が早く、かわいらしい姿は今しか見ることができません。多くの人たちに見に来てほしいです」と話していました。

ミーアキャットの子どもは毎週火曜日、木曜日、土曜日、それに日曜日の週に4日、公開されるということです。