LINEで住民票の写し申請 市川市が連携協定 千葉

LINEで住民票の写し申請 市川市が連携協定 千葉
k10011854001_201903200755_201903200757.mp4
住民サービスの向上を図ろうと、千葉県市川市は通信アプリ大手のLINEと連携協定を結び、スマートフォンなどで住民票の写しを申請できるサービスを始めました。
市川市役所で19日、協定の締結式が行われ、村越祐民市長とLINEの江口清貴執行役員が、住民サービス向上などを目指し連携することを確認しました。

その第1弾として、LINEのアプリを使って住民票の写しを申請できる全国で初めてのサービスが始まりました。

スマートフォンで免許証などの本人確認書類の写真を登録し、LINEの決済サービスで手数料などを支払うと、郵送で受け取れる仕組みです。

また、子育てや防災などに関する情報をLINEで受け取れるサービスも19日から始まったほか、来月からは公共施設の使用料などの支払いにLINEの決済サービスを導入する予定だということです。

村越市長は「今後は、児童虐待やいじめ問題への対応など、市民の安全・安心に関わる分野にもICT・情報通信技術を活用したい」と話しています。