本当は嫌がっているんです!

本当は嫌がっているんです!
ウォンバットをご存じですか?オーストラリアに生息する有袋類で、かわいらしい姿が特徴です。観光客のなかにはSNSに投稿する写真を撮ろうと異常に接近したりむやみに触ったりする人もいます。しかしウォンバットは野生動物。つねにかわいい顔のままなのでわかりにくいかも知れませんが、本当は嫌がっているんです。SNSへの投稿をめあてに写真を撮ろうとする人たちによる野生動物の被害は世界各地に広がっています。生態に悪影響を及ぼすおそれも出ています。オーストラリアでは、野生動物を守りながら観光客に楽しい旅の思い出を写真に納めてもらおうと、ある試みが始まっています。(シドニー支局記者 小宮理沙)

野生動物の宝庫 オーストラリア

オーストラリアといえば、大自然にカンガルーやコアラなどがパッと思い浮かぶ、人気の観光地です。
野生動物が多く生息するスポットでは、スマートフォンやカメラを手に動物を探す人たちの姿をよくみかけます。
その1つが、タスマニア州のマリア島です。
タスマニア島の東に浮かぶ小さなこの島は、イギリスの植民地時代に流刑地として使われていた過去があり、いまでも手付かずの自然が残されています。島全体が国立公園に指定され、比較的容易に野生動物を見つけることができます。
動物との出会いを求めて、島を訪れる人は年々増加。2017年度は年間3万1000人に上り、3年前より50%近く増えました。オーストラリアのなかでも、ぐんぐん知名度をあげているスポットなんです。

SNSの写真 動物にとっては迷惑?

この背景にあるのが、SNSの存在です。
マリア島に生息する動物との自撮りなど、観光客が撮影した写真が投稿され、人気を呼んでいるんです。
とりわけ観光客をとりこにしてきたのが、島に100頭余り生息している有袋類のウォンバットです。かわいらしい姿に加え、警戒心が低く、みずから人に近寄ってくることもあるため、ウォンバットを目当てに島へやってくる人も少なくありません。
その一方でいま、野生動物との写真撮影が新たな問題になっています。SNSに投稿するため、インパクトのある写真を狙うあまり、一部で行き過ぎが生じているんです。

動物に異常に接近したり、むやみに触ったり、自撮り棒で追いかけたり。
国立公園の担当者によりますと、なかには、成長したウォンバットに子どもを乗せて写真を撮ろうとしていた人もいたといいます。
こうして撮影された写真が投稿され、いわゆる「いいね」などを集めたり、他の人が写真を転載する「シェア」が行われたりして、「野生動物に触れてもいい」という誤った認識を広げています。

でも、行き過ぎた行為は、動物にストレスとなり、ときにはケガをさせたり、場合によっては動物の育児に悪影響を与えたりするおそれもあります。

また、おとなしくても野生動物ですから、観光客がかまれたり、ひっかかれたりすることもあるんです。

自撮りなど自粛「マリア島宣誓」

そこで、去年12月、マリア島では、行き過ぎた撮影などから動物を守ろうという試みが始まりました。それが、観光客に野生動物を尊重してもらう「マリア島宣誓」の導入です。
「自撮り棒で追いかけたりしません」
「取り囲んだり、抱き上げたりしません」など、ウォンバットを中心に島の動物に不適切な行為をしないことが盛り込まれています。

地元の観光促進団体のウェブサイトに掲載されていて、島を訪れる観光客にインターネット上で署名してもらっています。

中国語を話す観光客が増えていることから、中国語の宣誓文も用意されていて、今後は日本語や韓国語など、ほかの言語にも訳される予定です。

まずは「宣誓」の普及から

この宣誓、実際に行った観光客に聞いてみると、支持する声が多く聞かれました。
一方で、まだまだ観光客はその存在を知りません。導入から3か月ほどで、署名した人は1割余りにとどまっているとみられます。
このため、現地ではいま、普及活動に力を入れています。
宣誓を導入した地元グループでは、観光案内所などで、訪れた人たちに対して、行き過ぎた行為が動物に及ぼす影響を説明。タブレット端末で宣誓文をみせながら、署名を呼びかけています。

また、観光客が立ち寄りそうなお店にチラシを貼り出しているほか、今後は、インターネット上で島へ渡る船を予約すると、自動的に宣誓も促される仕組み作りなども進めていきたいということです。
国立公園の管理当局も、観光客への働きかけを強めています。
当局のレンジャーがウォンバットの剥製を船に持ち込み、特徴や接し方を説明したうえで、署名を促しています。

剥製を使って感触を確かめてもらうことで、生きている個体に近づきたいという欲求を抑えてもらい、宣誓を守りやすくするのが狙いです。
さらに、島を巡回しながら観光客に声をかけ、スマートフォンを使って宣誓への協力も呼びかけています。
その場で署名する人もいて、レンジャーは、今後宣誓が普及し、行き過ぎた写真撮影が減って、動物保護につながっていくことを期待していました。

大切なのは一人一人の良識

それにしても、なぜ、禁止事項を書き出して注意を促すのではなく、宣誓という形をとったのでしょうか。
導入した地元グループによりますと、注意したり罰金を科したりして、島での体験に水をさすよりも、観光客にみずから動物のことを考えてもらいたいという思いが込められているそうです。

そうすれば、マリア島にかぎらず、どこを訪れても、動物を尊重しながら撮影してもらうきっかけにもつながると期待されています。実際、同じような問題は世界各地で起きていて、動物愛護団体が自撮りの自粛などを求める動きもあります。

このためインスタグラムでは、英語で「#koalaselfie」(#コアラ自撮り)など、特定のハッシュタグを検索すると『有害な行為を助長する投稿に関わる可能性がある』という警告が出るようなシステムも導入しています。

動物の写真は観光客を誘致する強力な広告にもなるため、観光地からすれば、魅力的な写真を撮影して、SNSに投稿してもらいたいというのも本音です。

SNSへの写真投稿が観光客にとっても、観光地にとっても、欠かせない存在となるなか、野生動物を守るためにいかに一人一人の良識に働きかけられるかが、問われています。
シドニー支局記者
小宮理沙