東京福祉大学 留学生約700人 退学や所在不明に 国が聞き取りへ

東京福祉大学 留学生約700人 退学や所在不明に 国が聞き取りへ
k10011850491_201903160635_201903160702.mp4
東京 豊島区に本部がある東京福祉大学で、今年度およそ700人の留学生が退学したり、所在不明になったりしていることがわかり、国は大学に聞き取り調査を行うことにしています。
大学によりますと、東京 豊島区など全国に4か所あるキャンパスのうち、東京 北区のキャンパスに在籍していたベトナム人やネパール人などのおよそ700人の留学生が今年度、退学したり、所在不明になったりしているということです。

大学にはおよそ5000人の留学生がいますが、多くが留学ビザで研究生として在籍しているということです。

大学は「退学したり、行方不明になってしまう学生がいるのは事実で残念だ。迷惑をかけて誠に申し訳ない。今後、管理を徹底したい」と話しています。

文部科学省や法務省は今後、大学から聞き取り調査を行うことにしています。