自民 石破元幹事長 安倍首相の党総裁任期延長論をけん制

自民 石破元幹事長 安倍首相の党総裁任期延長論をけん制
安倍総理大臣の自民党総裁任期の延長について、石破元幹事長は、国民の支持が得られるかどうかは分からないと述べ、けん制しました。
去年の自民党総裁選挙で3選を果たし、再来年9月までとなっている安倍総理大臣の総裁任期について、二階幹事長は延長して4期目に入ることも十分ありうるという認識を示しています。

これについて、ポスト安倍を目指す石破元幹事長は15日、インターネット番組で、「政権が長く続くのはよいことだが、長く続けて何をやるかだ」と指摘しました。

そのうえで、「国会議員が頑張って安倍総理大臣の4選のためにやると言っても、有権者が『そうだ、そうだ』と言うかどうかは分からない」と述べ、けん制しました。