防衛相 辺野古区長らと面会 生活向上支援の考え伝える

防衛相 辺野古区長らと面会 生活向上支援の考え伝える
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、岩屋防衛大臣は移設先周辺の地区の区長と面会し、引き続き住民の生活の向上を支援していく考えを伝えるとともに、移設工事への協力を求めました。
沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、岩屋防衛大臣は新年度を前に15日、防衛省で移設先周辺の3つの地区の区長らと面会しました。

この中で辺野古地区の嘉陽宗克区長は下水道の整備や住民の意見がアメリカ軍基地の運用に反映される制度の構築といった、要望事項をさらに加速して実施するよう求める要請書を手渡し、「補償的施策の着実な実施に特段の配慮をお願いしたい」と述べました。

これに対し、岩屋大臣は「移設事業を進める上で最も影響を受ける3区の皆様の生活環境の保全、生活の向上に、私どもとして、できるかぎりのことをする必要がある」と述べ、引き続き関係省庁で連携し、住民の生活の向上を支援していく考えを伝えました。

そのうえで「移設事業にはさまざまな課題があるが、一つ一つ着実に進展させていきたいと思っており、協力をお願いしたい」と述べ、移設工事への協力を求めました。