米ゴルフツアー 松山は1アンダーで暫定53位スタート

米ゴルフツアー 松山は1アンダーで暫定53位スタート
男子ゴルフのアメリカツアーの大会は14日、フロリダ州で第1ラウンドが行われ、日没のため1人が競技を終えられず松山英樹選手は暫定53位のスタートとなりました。
この大会は、過去1年間のPGAツアーで優勝した選手や世界ランキングの上位選手だけが出場するメジャー大会に匹敵する大会です。

松山選手は14日の第1ラウンドで前半をバーディー2つ、ボギー3つ、後半はバーディー2つでボギーなしの1アンダーで回り、日没のため1人が競技を終えられず、首位と6打差の暫定53位のスタートとなりました。

松山選手は「よいところも、悪いところもあった。スタートホールで長いバーディーパットが入って気分的にすごく助かった。2日目も少しでも伸ばしていきたい」と話していました。

また、小平智選手はバーディー5つ、ボギー3つダブルボギー2つで、2オーバーの暫定で104位と出遅れました。

イギリスのトミー・フリートウッド選手とアメリカのキーガン・ブラッドリー選手が7アンダーで暫定首位に立ちました。