英議会 EU離脱 6月30日まで延期を条件付きで可決

英議会 EU離脱 6月30日まで延期を条件付きで可決
k10011848891_201903150706_201903150717.mp4
今月29日に迫ったEU=ヨーロッパ連合からの離脱について、イギリス議会は、6月30日まで延期することを可決しました。今月20日までに政府の離脱協定案を議会が可決するという条件がつけられ、地元メディアはメイ首相が来週早々にも3度目の採決に踏み切る可能性があると伝えています。
イギリス議会は、14日(日本時間の15日午前3時半ごろ)、EUからの離脱を延期するかどうかの動議について採決を行いました。

動議では、離脱協定案を今月20日までに議会が可決することを条件に、離脱を6月30日まで一度だけ延期するとされています。

採決の結果、賛成412、反対202で、離脱の延期が可決されました。

延期にはEUのすべての加盟国の承認が必要で、来週、開かれる首脳会議で対応を協議するものとみられます。

地元メディアは、これを前にメイ首相が来週早々にも3度目の離脱協定案の採決に踏み切る可能性があると伝えています。

一方、動議には、協定案が可決されなければ、離脱は長期間、延期されることになるとも記されています。

メイ首相は、議員に対し、長期の延期を避けたければ協定案を支持するよう圧力をかけていますが、2度にわたって退けられた協定案が承認されるのか、先行きは不透明です。

ヨーロッパ委員会「延期なら理由説明を」

イギリス議会が条件付きで離脱を6月30日まで延期することを可決したことについて、EUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会は14日、「イギリスを除く27か国の全会一致の承認が必要で、延期の理由などを考慮することになる」という声明を出しました。

イギリスが延期を求める場合、なぜそうするのか、明確に説明するよう改めて求めた形です。