卒業式終えた中3男子生徒 踏切で死亡 宮城 亘理町

卒業式終えた中3男子生徒 踏切で死亡 宮城 亘理町
14日、宮城県亘理町のJR常磐線の踏切で、中学3年生の男子生徒が列車にはねられ死亡しました。
14日午前9時40分ごろ、亘理町逢隈のJR常磐線の踏切で、近くに住む中学3年生の男子生徒(15)が下り列車にはねられ死亡しました。

警察によりますと、踏切の遮断機が下りている状態で、すぐ近くには本人の自転車が置いてあり、列車の運転士は「踏切の線路に人が立っていて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。

列車の乗客にけがはありませんでした。男子生徒が通っていた中学校は今月8日に卒業式を終えたばかりで、警察で事故の詳しい状況を調べています。