春闘 大手で去年下回る回答相次ぐ 中小の賃上げ焦点に

春闘 大手で去年下回る回答相次ぐ 中小の賃上げ焦点に
k10011847481_201903141018_201903141019.mp4
ことしの春闘は13日、集中回答日を迎え、自動車や電機などの大手企業で去年に比べて低い水準の賃上げの回答が相次ぎました。今後は中小企業で交渉が本格化し、賃上げがどこまで進むかが焦点となります。
13日の集中回答日では、自動車業界ではトヨタ自動車がベースアップや定期昇給、それに手当などを含めた全体額として、去年の妥結額を1000円下回る1万700円で決着したほか、電機業界でも日立やパナソニックなどの大手で去年の妥結額を500円下回る1000円で回答するなど、去年に比べて低い水準の賃上げの回答が相次ぎました。

一方、流通やサービス業などの労働組合が加盟するUAゼンセンでは、人手不足を背景に去年と同様の水準の回答が寄せられているということです。

中でも、全国にスーパーを展開する「イオンリテール」や、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」では、パートで働く従業員の賃金の引き上げ率が正社員を上回るなど、正社員と非正規労働者の格差の是正が進められている企業が目立つということです。

春闘は大手企業の集中回答日が終わり、これから中小企業の多くで交渉が本格化し、賃上げがどこまで進むかが焦点となります。

UAゼンセンの松浦昭彦会長は、「今後、中小企業の交渉に移っていくが、格差の是正を進め、前年を超える賃上げの実績を重ねられるよう交渉を進めていきたい」と述べました。