海賊版サイト対策の著作権法改正案 今国会提出見送りを 自民

海賊版サイト対策の著作権法改正案 今国会提出見送りを 自民
k10011846471_201903131217_201903131221.mp4
「海賊版サイト」の対策を強化する著作権法の改正案について、自民党は漫画家など関係者を中心に国民の理解が十分に得られていないとして、今の国会への提出を見送るよう政府に求めることを決めました。いったん部会レベルで了承した法案の提出見送りを求めるのは異例です。
インターネット上の「海賊版サイト」の対策を強化するため、政府は、権利者の許可を得ずにアップロードされたと知りながら漫画や写真などすべての著作物をダウンロードすることを違法とする著作権法の改正案を今の国会に提出する方針で、与党側と調整を進めてきました。

そして13日朝、自民党の文部科学部会と知的財産戦略調査会は合同の役員会を開き、改正案の取り扱いを協議しました。

その結果、漫画家や有識者などの間から「厳しすぎる内容で、一般の利用者の萎縮につながりかねない」といった批判が出ていることなどを踏まえ、国民の理解が十分に得られていないとして、今の国会への提出を見送るよう政府に求めることを決めました。

改正案をめぐって自民党内では、これまでに文部科学部会などで了承されていましたが、総務会では異論が出され、調整が続いていました。

部会レベルで了承した法案の提出見送りを求めるのは異例です。

官房長官「改正案の修正 与党で方向性を」

菅官房長官は午前の記者会見で「自民党において文部科学省に差し戻され、対応を検討中であるとの報告を受けている」と述べました。

そのうえで改正案の修正の可能性について「与党の中でしっかり方向性を決めてほしい」と述べました。

漫画振興の議連 古屋氏「漫画家協会の懸念大きい」

漫画やアニメなどの振興に取り組む超党派の議員連盟の会長を務める自民党の古屋元国家公安委員長は記者団に「いちばんの権利者である漫画家協会が懸念を示していたことも大きかったと思う。われわれが守るべきは漫画家の権利でもあるので、精力的に議論し結論を出して、次の国会でみんなが納得できる中身で提出したい」と述べました。

自民 赤池氏「不安や懸念 払拭されていない」

自民党の赤池文部科学部会長は「漫画家をはじめとする著作権者や、インターネットを利用する国民の、双方の不安や懸念が今に至っても払拭(ふっしょく)に至っていない。政府側からは追加の対策などを検討するという表明もあったが、時間が残されていなかった」と述べました。

漫画家協会 里中会長「少しホッとしています」

日本漫画家協会は、今回の著作権法の改正案に盛り込まれた違法なダウンロードの対象の拡大は悪意のない利用者にも不自由を強いる懸念があるとして、先月、「表現や研究などの萎縮はもとより、人権の制約につながることが決してないように、丁寧で十全な審議を要望する」などとする声明を出しています。

協会の理事長を務める漫画家の里中満智子さんは「今回の法案は海賊版対策からスタートして、いろいろな考えが出てきたということに対しては感謝していますが、問題のある法案だったので少しホッとしています」と話しました。

そのうえで「今回の法案に関していちばんおそれたのは一般の悪気のないユーザー、漫画家志望の若い人がこれによって誤解して、『何も見てはいけない、何もダウンロードしてはいけない』と萎縮して窮屈な思いをするのはよろしくないという思いがあった。また、私の知るかぎり、著作権者である周りの漫画家にも相談はなかったし、漫画家協会にも何もなかった。世の中をよくしようと思ったら当事者の意見を聞くのが普通だと思いますが、そのあたりも疑問に感じました」と指摘しました。

一方で、違法ダウンロードや海賊版への対策は進める必要があるとして、「違法な海賊版を撲滅したいという思いはみんな一緒です。今後はより有効かつ透明性のある、拡大解釈のしにくい法案として、相談しながらみんなが納得する形でまとまることを期待します」と話していました。