小6女児2人自殺か いじめうかがわせる“遺書” 愛知 豊田

小6女児2人自殺か いじめうかがわせる“遺書” 愛知 豊田
k10011846141_201903131215_201903131220.mp4
12日夜、愛知県豊田市のマンションの敷地で、小学6年生の女の子2人が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。現場からはいじめをうかがわせる内容の遺書のようなものが見つかり、警察は2人が飛び降り自殺したとみて調べています。
12日夜7時すぎ、豊田市陣中町のマンションの敷地で、女の子2人が血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

2人は市内の同じ小学校に通う6年生で、捜査関係者によりますと、いずれもマンションの住人ではなく、現場に残された所持品から、いじめをうかがわせる内容が書かれた遺書のようなものが見つかったということです。

個人の名前や具体的ないじめの内容は記されていなかったということで、警察は2人が飛び降り自殺したとみて詳しい状況を調べています。

一方、13日午前、記者会見した豊田市教育委員会によりますと、亡くなった2人は6年生の別々のクラスに所属していて、今月20日に卒業式を迎える予定だったということです。

また12日はふだん通り登校し、授業を受けたあと下校したということです。

学校が年に数回行っているいじめに関するアンケートでは、2人に対するいじめは確認できなかったということで、教育委員会は保護者の意向も聞いたうえで、詳しいいきさつを調べることにしています。